イヴイヴのブロック機能と非表示機能の比較と効果

イヴイヴでは、ブロック・非表示機能を活用することで、特定の人を自分の画面に表示させないようにすることができます。ブロックは相手の画面から自分の表示も消すことができ、非表示は相手の画面には何の変化もないため、相手によってブロックと非表示を使い分けると良いでしょう。

本記事では、イヴイヴのブロック・非表示機能の比較と効果についてご紹介していきます。

イヴイヴのブロック機能と非表示機能の比較

イヴイヴでは、相手を自分の画面に表示させたくない時に、ブロック機能と非表示機能、二つの機能を使って対応することができます。ブロック機能と非表示機能の主な違いは下記の通りです。

比較項目 ブロック機能 非表示機能
自分の画面 相手が表示されなくなる 相手が表示されなくなる
相手の画面 自分が表示されなくなる 自分は変わらず表示される
機能の解除 二度と解除できない いつでも解除できる

相手の画面からも自分を表示させたくないときは「ブロック」、相手に見られてもいいという場合は「非表示」で対応するようにすると良いでしょう。ブロックの場合は、一度相手に適用すると解除することができなくなりますのでご注意ください。

イヴイヴでブロック・非表示機能を使う効果

イヴイヴのブロック機能・非表示機能を使うことによって、自分がデートをしてみたいと感じる本命の相手のみを自分のメッセージ画面などに表示させることができるようになり、イヴイヴでの恋活がより快適になります。

本命ではない相手からのメッセージや足跡などが多くなると、イヴイヴを利用するのがどんどん億劫になってきてしまいますので、こまめにブロック・非表示を活用して、快適な利用環境を自分で維持するようにしていきましょう。

  • 鬱陶しい人を自分の画面に表示させないようにできる
  • 本命の人のみを画面に表示させて快適に恋活ができるようになる
  • 特定の人に自分のプロフィールを閲覧させないようにできる(ブロックのみ)

イヴイヴのブロック&非表示機能を活用して快適に恋活しよう

イヴイヴのブロック・非表示機能を使用することによって、自分の画面から特定の相手を表示させないようにすることができます。そのため、ある程度イヴイヴを利用してメッセージ画面や足跡画面に多くの異性が表示されるようになってきたら、ブロックと非表示機能を使用して、本命の相手のみが自分のイヴイヴの画面に表示されるようにしていきましょう。

タイプの異性のみが画面に表示されるようになれば、イヴイヴをどんどん楽しく利用していくことができるようになります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です